デキシー大阪| カッティングシート、ステッカー , ウィンドウ看板、制作施工

重量シャッターの文字入れ

独逸機械貿易様の工場のシャッターにカッティングシート文字でマークと社名を施工させていただきました。
大型の倉庫のシャッターには電動式の「重量シャッター」というものが多く使われています。
通常の店舗などのシャッターよりも構造が複雑で、切文字の作り方も複雑になります。

これが貼る前の状態です。
シャッターの1段よりもかなり長めですが、これを貼りこんでいくとちょうど収まるようになってます。
横からみるとぐにゃぐにゃですが・・・
正面から見るとちゃんと文字になっています(^^)

こちらは通常の店舗などと同じ軽量シャッターですね。
シャッターに文字を入れる場合は、シャッターの段にうまく文字が収まるようなサイズに調整します。
中途半端なところに文字がかかってしまうと読みにくくなってしまいます。
このため制作前の採寸がとても大事です。
デキシーでは制作前に現地に採寸にうかがって、パソコンで制作した仕上がりイメージをご確認いただいておりますので出来上がってからちょっと思っていたのと違うということがありません。
また、ペンキでの手書きと異なり、施工後すぐにシャッターの開閉が行えるのも特徴です。

独逸機械貿易様のホームページはこちら
http://www.e-gmt.co.jp/

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top