デキシー大阪 | カッティングシート ステッカー制作施工

レーザー加工でネームプレートを作成

ネームプレートの素材にはアクリルやステンレスなどがあります
アクリル板にカッティングシート切り文字を貼ったり、シルク印刷をしたりして表札やネームプレートを作成することが多いです
ステンレス板の場合は金属を腐食させてたり、ルーターという機械を使って文字を掘ったりします

カッティングシート切り文字で制作するメリットは、内容に変更があったときに剥がして貼り替えることができることですが、小さな文字の場合は加工が難しかったり貼ったものが剥がれたりという問題もあります
シルク印刷は印刷のための版が必要になるので少量のモノの場合は割高です
ステンレス板は見た目も耐久性もありますが費用は少し高めです

そこでおススメなのが、アクリル二層板というアクリルの表面が金属のように見える板です
レーザー加工で細かい文字も加工できますし屋外でも使用できます
版が不要なので1枚から安価に作成することができます

アクリルレーザー加工
ステンレス調のアクリル2層板にレーザー彫刻したネームプレート(屋外対応です)


また、アクリル切り文字の表面にレーザー彫刻したものを、3Dプリンターで作った立ち上がり部分にはめ込むことで厚みのある文字を作成することもできます
その他いろいろな素材との組み合わせで面白いものが作れますので、お気軽にお問い合わせください。

3Dプリント+アクリルレーザー加工
透明なアクリルフォトスタンドにレーザー切り文字と3Dプリントの組み合わせで記念プレートを制作
3Dプリントチャンネル壁付け
コンクリートの壁に透明アクリルプレートを飾りビスで浮かし付け
3DプリントチャンネルFLOWER
3Dプリンターで文字の立ち上がり部分を制作
3D FLOWER
アクリル切文字+インクジェットプリント+3Dプリント
3DプリントチャンネルWOLF
光沢のあるアクリル切文字と金属調3Dプリントの組み合わせ
754
Return Top